2008年 09月 16日 ( 2 )

うれしいメール

ここ二日の間に小耳症のお子さんを持つママさんから2通のメールが来ました。
どちらもはじめまして!の方で早速お返事しました。

サイトの手術記も参考になったようで「見てくれている人がいる」と改めてうれしくなりました。
私のサイトの場合、はっきり言って毎日手ごたえのあるものではありませんし
小耳症さんの心の支えになりたいなどと、大きな力があるものでもありません。
でも確実に言える事は、小耳症さんや立ち止まって見てくださった方との交流が
増えているということです。

今回のお2人は偶然にも東北のママさんで、砂の中からダイヤを見つけたような
貴重な出会いとなりました。
いつかお会いできたらいいなぁ。





笑っている紫陽花の葉っぱから こんにちは
[PR]
by peanut-street | 2008-09-16 14:15 | 小耳症のこと | Trackback | Comments(6)

丸いお月見

14日はお月見でしたね。
子供会では恒例の「お月見泥棒」が行なわれました。

泥棒と言っても各家を回りお菓子を頂いて来るのですが、その量がまた多い。
場所によっては子供のグループごとに集めたお菓子等を、平等に分配する地区もありますが
息子の地区は個人ごとに袋に詰めて渡してくれます。
でもこれって、おおよそ200円として×今年は10人=2千円ですから
子供のいない家にとっては、迷惑な出費かもしれません。

ちなみに個人宅ではなくコンビニや商店まで回る子供会もあるとか。
ん~飽食の時代、そこまでしてお菓子がほしいか?
子供が喜べばそれでいいという問題ではないような気がします。

私もお菓子の袋詰めをしましたが、少ないと「じゅんや君ち ケチ」と言われても可哀想だし(笑)
と思うと適量が難しいです。
検索で(お月見 お菓子の量)として来てくださった方の気持が良く分かります。

写真は我が家のうさぎが手製のお団子を食べているところです。
ばあちゃんと息子がこねこね担当、みたらしは私が作りました。
おまんじゅうと、写真にはありませんがシュークリームも飾って丸くておいしい物が沢山。
月より団子




[PR]
by peanut-street | 2008-09-16 13:44 | 行事 | Trackback | Comments(8)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな