今年も鏡餅

ベランダで冷たい風にさらした鏡餅がパリパリと乾きました。
今年は雪が少ないせいか乾燥が早かったような気がします。

塩味と今年は砂糖をからめて。
芋けんぴや、かりんとうのようにサクサク結晶が出来て家族に好評でした。

b0090883_23152630.jpeg



庭の福寿草がちらほら黄色くなってきたり、花粉症の薬を飲みはじめたり。
(謎の温感じんましんが出るのでアレルギー薬は1年中飲む事になった)



そろそろ春だから活動せよと太陽の光にせかされているような気がして、気になっていた心臓と乳がん検診もしてきました。
心臓は今後も健診に引っかかるけど、とりあえず大丈夫ということで。


中学の時は駅伝に出ていて「ばななちゃんの心臓には毛が生えてる」と言われていただけに、刺激伝導系の機能低下は意外というか、知った途端に息苦しいというか…。




# by peanut-street | 2019-02-17 23:24 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

花びら餅

やっとブログです。

まずその前に年賀状についてお知らせなのですが、年々枚数が増えて印刷や一言書く事が困難になってきたので、今後は頂いたご挨拶にのみお返しする事にしました。

本来なら止める旨を記して最後の年賀状を出すべきですが、良い言い訳がみつからず自然消滅的に枚数が減るのを待とうかなと思っています。
いつもやり取りしてくださっている方には申し訳ありませんが、ご理解ください。


****

香道ってご存知ですか?
香木を焚いてその香りを鑑賞します。
道具や作法が細かく決まっていて、香りは嗅ぐと言わず聞くと言います。

二通りの方法があり
聞香(もんこう):香りを聞いたら隣の人に香炉をまわします。

組香(くみこう):数種類の香を聞いて何の香木か紙に書き出します。季節や和歌が題材となり香木が組み合わされるので、教養も問われます。

と、知ったように書いてますが学校の後輩であり親戚でもあるN君の教室に花粉症絶頂期に一度参加しただけです^_^

先日会場に別件でボランティアに行ったら、教室終わりの彼からお茶菓子のおすそ分け。
花びら餅
b0090883_20054434.jpeg

恥ずかしながら初めて見るお菓子。
紅色が透ける丸い求肥の中に、甘く煮たゴボウと白味噌餡が挟んであります。
茶道裏千家で初釜の時に食べるお菓子として広まったのですね。

由来は平安時代までさかのぼるようで長くなるので割愛しますが、新年の和菓子店に滅多に行かないので分かりませんが、こちらでは見かけないと思います。

香道の他におそらく華道茶道にも精通し、仕事として歴史や文化財に携わっているN君。
私には無い物を沢山持っている人から優しく手渡された花びら餅でした。




# by peanut-street | 2019-01-22 22:36 | Trackback | Comments(13)

ありがとうございます

今年も残すところあと一日。
理想として自分時間を作りたいと願ったような気がしますが、ますます身動きが取れなくなった一年でした。

それはおそらく自分の体力や気力が減ってきて何事も思う通りに運ばなくなっているのも要因だと思います。

来年は気分も体調もこれ以上悪くならない事を願うのみです。

書き残した日記がありますが、仕事が落ち着いたら再開したいと思います。
(小耳症ライン参加希望の方はコメント受け付けています)



ブログや小耳症繋がりの皆さま、今年もありがとうございます。

穏やかな年末年始をお迎えください。

b0090883_22330007.jpeg

いか人参作りました。
じいちゃんが数の子を入れたので、これは松前漬けかな。




# by peanut-street | 2018-12-30 22:37 | Trackback | Comments(8)

軟骨伝導補聴器 試聴

小耳症交流会でリオンさんにお世話になり、軟骨伝導補聴器の
試聴をした息子からの感想です。


私はその場にいなかったのですが
リオンさんにささっと簡単に装着してもらったようで
「つけたよー」とやってきました。
お~どうなの?どうなの?

「聞こえるよ~」と言うので後ろに回って話しかけたり
手を叩いて方向を確かめたりしました。

あくまでも一個人の感想と短時間での試聴ですので
ご了承ください。




①医療用テープで固定
装着した重さや違和感はほとんどなく、メガネも使用できる。

②振動部を耳後方に付けた時と、形成した耳穴状のくぼみに
付けた時に感度の違いがあった。
くぼみの型を取ったイヤーモールドをつければ聞こえが良くなるのではないか。

③全方位の音が入ってくる感じがするが、右・左と何となく分かるのは
健聴の耳で認識しているのかもしれない。

④音の質は電話音声かアナログイヤホンのような機械的な感じがした。

⑤感度を調節できるので、試聴と設定が必要だと思う。

⑥交流会のように沢山の人が話す場所だとうるさく感じる。

⑦長時間試聴していないので一概には言えないが
ずっと片耳で生活していると補聴器に対応しにくいかもしれない。
子供さんのうちから使用するのも一つの方法だと思う。



私も右に付けてみましたが、軽い小さいというのが第一印象です。
聞こえに関してですが、自分の背中側の子供たちの声が
良く入ってきて、広間の広さと人数の多さを感じました。

ただ逆に目の前のリオンさんの会話を補聴器を付けていない
左耳で一生懸命拾おうとして少し神経を使いました。
どのようなシーンでの利用が多いのかによって設定は必須だと思います。

親子で聞こえに感動・興奮した瞬間でした。
小耳症で生まれた当時にこの機器があったら
涙も心配も少なくて済んだ環境だったんでしょうね。

つたない感想ですが以上です。
ツイッターでは、各地学生さんや成人した方が
細かくレポートしてくださっています。

リオンさんありがとうございます。

# by peanut-street | 2018-12-16 22:43 | 小耳症のこと | Trackback | Comments(8)

風邪をひきました

先週、軽い体の痛みの後あれよあれよと8度5分。
寝てました〜。

で、いつもの通りひどい倦怠感と食欲不振。
毎年年末年始の準備をしなくてはならない
この12月に…いつも。

ボランティアの陰アナウンスも穴を開けてしまいましたし、情けない。

多分秋の忙しさから立ち直らないまま、風邪に負けるのだと思います。
休みが欲しいです。

お正月、掛かり付け医にお願いをして点滴をしながら働いた時もありました。
怖いですね〜自営業。

リオンさんの軟骨伝導補聴器の試聴と
関西で行われた小耳症交流会の記事も書きたいのですが、もう少し休んだ分の仕事を進めたいので、ブログを休みます。

# by peanut-street | 2018-12-12 21:02 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな