疲れたけど

日光紀行第2弾(大げさですが)

帰り道は、ほぼ垂直に登る鬼怒川ロープウェイで、じゅんやと怖い怖いと大はしゃぎ。
頂上のサル園で餌をあげて一休み。他人と思えないわ~

眼下には『日光鬼怒川湯けむりミステリー』船越栄一郎がいそうな(笑)
情緒ある温泉地が一望。

その後は『龍王峡』へ
今から2200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が
鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれています。

普通のコースは写真に見える橋を目指して、長く険しい階段を下りるわけですが
じゅんやと私は父の「危ないよ」と優しい言葉も聞かず、川岸を目指してGO!
下りてみたら・・・道の無い崖でした(-_-;)

大丈夫かーと振り返るとじゅんやが沢水に足をぽちゃ。あらら
よろよろとたどり着いた先には、ご覧の絶景が広がり
ゆっくりと流れる川の色が乳青色で、吸い込まれそうだった。

じゅんやは濡れた片足を持ち上げて「きれい」とうれしそう。

延々と続く登り道の後のソフトクリームはまた格別。
どうしてみんな売店で薄着になってアイス?という疑問がこれで解けたところで
『もみじライン』を通って帰りました。
でも曲がりくねった道に、じゅんやと気分が悪くなって
ほとんど紅葉を堪能せず眠ってしまってごめんよ~
b0090883_11595487.jpg
b0090883_8401112.jpg

[PR]
# by peanut-street | 2006-11-01 12:00 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

海外へ?

b0090883_9231752.jpg
月曜日はじゅんやの発表会振り替え休日で、アメリカ&エジプトへ旅行へ・・・
ではなく栃木県日光市へ行ってきました。

東武ワールドスクウェア
世界の有名な建築物や遺跡等を1/25の縮尺で再現したテーマパークです。
写真はアメリカとエジプトゾーン。
スフィンクスの大きさは、じゅんやが体育座りした位しかありませんよ。
クライスラービルは部屋の天井より、やや高い位かな?

何万体もの人形も、敷地の片隅で作られていて就職したい~。
フェンスに張り付いて、サルのように見入ってしまった私です。

じゅんやは勝手に広い敷地を走り回り、世界一周を満喫したようです。
お土産のエジプト発掘キットも気に入ったみたい。

ワールドスクウェア

b0090883_9233871.jpg
b0090883_9242639.jpg

[PR]
# by peanut-street | 2006-10-31 09:29 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

君も頑張れ

いや~にわか野球ファンとしても、夕べの新庄の涙は泣けました。
男の涙って重いですね。
チキンナゲット増量ありがとう!

さて最近の息子は、朝ごはんを食べるまでいや、箸を持つまでに相当時間がかかる。
話が尽きないのだ。
勉強も同じで着替えもせずにゲーム・おしゃべり・猫と戯れ、だらだらおやつが
やっと終わって、鉛筆を持ったかと思うと集中しないで手わすら。

私からは「ほら、早くやりなさい」とひとことも言わない。
なぜなら自分からという力をつけてもらいたい・宿題をやらないと
どういう結果が待っているか知ってほしいからだ。

そんな放任子育てとダラダラ息子を見かねて、夕べ父と子が話し合った。
「生活の中でも、勉強でも集中していないみたいだけど
ゲームは勉強が終わってからって約束したよね」
「うん」
「プリンとが嫌なら止めてもいいんだぞ、イヤイヤやっても自分の為にならないでしょう?」

「プリントは止めないよ。やらなくちゃいけないものだし、ずっとやってきたから」

実は幼稚園のころから公文で算数と英語をやっている。
算数のプリントに関しては自分から枚数を増やしてほしいと先生に申し出て
ビックリしていたところだ。

何度も集中できなくて毛布に包まり泣いてきた。
それ以来私も一緒に大人のドリルの本を開いている。(痛みはいっしょにかな?)
そんな中、止めるとは絶対言わず頑張ってきたことに我が子ながら誉めてあげよう。

しかしやると決めた以上は、力を入れてガツガツと向ってほしいのが親ごころ。
確かに授業の後も、学校でプリントをやらされて疲れているのも十分わかる。

息子よ脳を鍛えよ、縄跳びが出来なくても毎日こつこつ練習したじゃないか。
新庄の活躍の陰に、たゆまぬ厳しいトレーニングがあったことを忘れてはならない。

ところで放任子育てを続けること・・・いいのかな。
[PR]
# by peanut-street | 2006-10-27 09:30 | 息子高校生 | Trackback | Comments(4)

古民家

これは先日ダリア園に行った時に、隣接してある古民家を撮影したものです。
19世紀半ばの幕末に建てられた、名主の家だとか。
(代官の指揮のもと、村の事務を担当していた人)

なるほど立派な材料と凝った造りで、身分格差を示す象徴的なものです。
上段の間とか仕切られた『間』がいくつもあり、小さい子なら迷子になりそう。
欄間の彫刻や、明かり窓・障子の格子は今の時代にない新鮮さを憶えた。
b0090883_1456196.jpg
b0090883_14564044.jpg
b0090883_14572375.jpg


歴史と人々の生活の香りをひしと感じた時間でした。
あれ?じゅんやは何処の部屋かな
[PR]
# by peanut-street | 2006-10-25 14:59 | 写真 | Trackback | Comments(4)

節約

うー何枚着ても寒いです。
とうとうファンヒーターをつけてしまった。
そしてその温風吹き出し口の前にある怪しいホース。
北国の方は分かるかな?

掃除機ホースの太いような物で、これをずずっとコタツの中まで導きます。
分かりました?ヒーターの温風でコタツを暖める、節約グッズ。
コタツの電気は必要なしの優れもの。

「ちょっと貧乏臭いからいや」と言っていたばあちゃんも
ここ数年の灯油の高騰で仕方なく使っています。
コタツ温度の微調整は無理だけど、温風も低温で体も温まるし
得した気分。

電気はこまめに消す、2本組の蛍光灯は1本しかつけない。
(最近発売されたプレミアム蛍光灯は1本でも十分明るいです)
そしてコンセント抜きまくり、今や常識。

穴の開いた靴下もまだ履けると、どこかに隠すのはじゅんやです。
節約家?なのか
[PR]
# by peanut-street | 2006-10-24 22:02 | 雑記 | Trackback | Comments(6)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧