<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

息子のボランティア

20日は衆議院議員総選挙。

息子も投票権が持てる年齢になりました。

事前に役場から選挙人名簿登録の居住調査が来て、町外に出でいる場合は翌日までに調査票を提出するようにとの事。該当の場合は相当忙しい文書。誕生日が10月だからでしょうか。


息子達数人は振興局からの依頼で、選挙の街頭啓発をしてきました。
スーパーの出入り口で声を掛けてチラシ等配ります。

そろそろ始まったかなと買い物がてら行ってみたら、え〜TVカメラ⁉︎
投票を促すたすきを掛けた息子達を撮影しています。



恥ずかしいのでコソコソ〜っと店内に入り中から外を見ると、緊張と声が出ない1年生とは反対に、にこやかな3年生。沢山のチラシを配ったようです。



放送では爽やかに投票をお願いする様子や、カメラに向かって息子の一言。
最後にみんなで「選挙に行こう!」と発して手を掲げ、良きボランティアの締めくくりとなりました。

息子と期日前投票をしていますが、立会い人の方々が「高校生か〜」「18歳か〜」とため息が混じったように小さく呟き、制服で何だか不思議ですね。


[PR]
by peanut-street | 2017-10-21 22:36 | 息子高校生 | Trackback | Comments(2)

栗の渋皮煮

b0090883_13122497.jpeg
こんなに大きくてピカピカの栗をもらいました。そこで以前からやってみたかった栗の渋皮煮に挑戦。
今は便利ですねー。ネットに何でも出てくる。

栗を軽く茹でて氷水で冷やすと、鬼皮が剥きやすいとありました。その後重そうでアク抜きと、何度か茹でこぼしを経て砂糖で煮詰める。

時間と手間がたっぷりかかって、食べるのが勿体ないほど。更年期ですが体調が良くないと出来ない仕事ですわ。

秋を頬張る。



[PR]
by peanut-street | 2017-10-17 13:28 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

小耳症ライン参加希望の方へ

2014年に小耳症のお子さんを持つ親御さんを対象にしたラインを開設して3年が経ちました。

現在、片耳小耳ライン340名
両耳ライン79名となっています。
この他小耳ご本人の社会人・学生ラインもあります。

最近の傾向として出生前検診で小耳を告げられ、出産前から参加される方がいらっしゃいます。お腹の赤ちゃんと小耳を抱え、長い時間心配し続ける環境はどんなに辛いか。
喜びと希望が一転し自分を責める時間も当然長くなり、赤ちゃんに何もしてあげられない歯がゆさ、焦り。

ラインに参加し、実際に同じ境遇の人と会ったりしても急に気持ちが晴れる訳ではありませんが、長い夜の小さな灯りになれたらと思います。

参加希望の方は非公開コメントにチェックを入れ、ラインIDかメールアドレスをお願いします。
またID検索許可になっていない方が多く検索出来ず、返信でその旨をお伝えしてもそのままご縁が無くなってしまう事があります。

ご確認の上、よろしくお願い致します。




[PR]
by peanut-street | 2017-10-12 17:28 | 小耳症のこと | Trackback | Comments(18)

わらび座

ボランティアをしている文化ホールで劇団わらび座の公演がありました。

b0090883_21315314.jpg



わらび座は秋田を拠点とし伝統芸能を前面に劇団・劇場経営のほか、温泉・ホテル事業
地ビール製造販売など多角経営をしています。

二宮金治郎:薪を背負って本を読む人・苦労した人と言うのは何となく分かる。
私の母校の像は震災で足首から上が落ちてしまい
痛々しい姿になってしまいましたが、金治郎さん
今で言うなら経営コンサルタント的な仕事をした方です。

学校でもただ像を置かないでどんな人か教えてくれたらいいのに。
え?学校の図書館で自伝を読んどけばよかったでしょうって?(笑
当時は気になんなかったの。


物品販売もあり大根の漬物をいぶした、いぶりがっこが好きです。
その他おいしい物が沢山。

これから2年間公演なので、お近くに行った際は是非ご覧ください。
一人の人を演じ続け各地を巡る。自分も2歳分の成長。
いい人生ですね~。





b0090883_21321012.jpg

b0090883_21322727.jpg

b0090883_21325016.jpg

[PR]
by peanut-street | 2017-10-07 19:48 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(0)

お月見

今年も子供たちのお月見泥棒のお菓子を用意しました。
じいちゃん、ばあちゃんの時代はお供えの果物やお団子などを泥棒して皆んなで分け合ったみたいだけど、今果物もらって喜ぶ子いないしね。
スーパーにはお月見用のお菓子コーナーがあります。

子供がいた家庭は以前我が子がもらっていたからと用意する意味もありますが、夫婦だけの家だと大変だと思います。

b0090883_20044604.jpeg

小さな山栗と知人の畑の枝豆。
月見まんじゅう
ピカピカの柿。



[PR]
by peanut-street | 2017-10-04 20:11 | 行事 | Trackback | Comments(4)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧