<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

視察

夏休みが終わり、仕事も一段落してやっとブログ時間ができました。
休み中息子は2か所のボランティアをちょろっと。
その内の一つは年間通します。

今日は任命されている警察署協議会で視察に行ってきました。


福島刑務所

刑務所は前科数や刑期、外国人か等によって入る施設が決まり
福島は再犯で刑期が10年未満及び外国人の受刑者が入所しています。
(平均すると一人前科4.9回)

受刑者は法律によって作業をすることが義務付けられていて
福島はタンス等の木工芸品が有名です。
何度か販売会を見た事がありますが、作りが良く高価な物もあります。
施設には各地の刑務所で作られた作業品を売る所もあって
ここは一般の人も自由に入れます。


刑務所について説明を受けた後、中に入りますが
当然ドアごとに開錠と施錠の繰り返しです。
以前は各所ごとに鍵があり膨大な数でしが、今はほぼ共通の鍵で
外への出入り口は暗証番号と指静脈認証なので
出るのは不可能だという事でした。


入るとすぐに沢山の自転車。
これは刑務官の移動手段で、敷地が広く昼食が30分しかないので
早く戻るためにも使うそうです。
見学中も敬礼しながら刑務官が疾走して行きました。


諸事情があって作業風景は見る事ができませんでしたが
寝起きする部屋(独居がほとんどでテレビ付き)

座学教室(国語、算数、パソコン)

浴場(入る時間は決まっているが24時間沸かしておく
   脱ぐ・着る場所を別に設け早く人を入れ変える)

面会所(面会人には金属探知機)

監視室(施設内と特殊独居の監視カメラ)

運動場などを見学しました。

運動場も特殊な物があって、集団の中でトラブルをおこす人は
個別の檻の運動スペースに入れられ、檻の天井から刑務官が監視する
10室ほど連なり、要はトラやライオンの檻のような。

毎日止めと言うまでひたすら腹筋と腕立て伏せをする
受刑者がいると言っていましたが、筋力をつけて
いつか刑務官をぶん殴ってやると思っているのか
閉鎖環境で犯罪者を監視する仕事の
緊張感と危険さを感じました。


刑務所は比較的新しく清潔で、テレビや新聞も見られるし
もう二度と行きたくないと言う悪い環境でもなさそう
(こればかりは体験できない、しないように)
身寄りも住む所もない人が再犯して再び来る理由も
分からなくもないし、高齢になれば少しは恵まれた死も望めるかもしれない。



去年の科学捜査研究所・県警ヘリ・県警指令センターなど
今年も貴重な視察でした。


[PR]
by peanut-street | 2016-08-29 23:23 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

小さな背中

暑さがちょっとだけ落ち着いた先週、物置をごそごそと息子が好きだったハム太郎ハウスを出してきました。
小さなお客様が来るのです。

帰省した両耳小耳さんのゆきちゃんとママ、そのご両親がわざわざ山奥に立ち寄ってくださいました。

前回会った時、ゆきちゃんはテーブルにつかまってふわ〜っと立っていたのに今では飛び跳ね、おしゃべりもできています。
両耳さんゆえ言葉の発達に関しては特に心配が大きいと思いますが、かわいい声で話すゆきちゃんを見て嬉しかったし、何より親子でろう学校に通い頑張った結果が今ここにある事に感動と、ママも大変だったねと言う思いで泣きそうになりました。

ゆきちゃんの小さな背中をなでなで。

この背中は家族みんなの背中とつながっている。
これからもゆっくり前に進めるように、おばちゃんのパワーを注入しておきましたよ。

ゆきちゃんと息子がハム太郎ハウスで遊びます。日本一ハム太郎が似合う高校2年生だと思うなぁ(笑

お昼ご飯の後はイチゴミルクかき氷。
大きいのと小さいの。
ママをさて置き大きいカップの前にちょこんと座るゆきちゃんに、みんなで「えーっ?」と大笑い。
ごめんね次回は一番大きく作るからね。


ママもご両親もお元気で、楽しくお話し出来て嬉しかったです。
また、ただいま〜と寄って下さいね。


[PR]
by peanut-street | 2016-08-17 19:39 | 小耳症のこと | Trackback | Comments(10)

カメラ散歩

b0090883_2229352.jpg


先日は我が家にお客様。
ブログにコメントを下さっている、リルムさんにお会いしました。

お裁縫やお菓子作りもパパッとこなし
ブログにアップされるシフォンケーキが美味しそうで
なんとか食べてみたいなぁと(笑
いつも思っています。


ブログをやっていると土地の物を送りあったり
遊びに来たりと、小さな画面から飛び出した
お付き合いが出来るのも楽しいです。
でも初めてその方に会うまでの時間は、何回経験しても
落ち着きませんね。


不思議と前からお友達のような馴染み方で
カメラを持ってお散歩。
いいなぁ~、うれしいなぁ。
トンボにあじさい、風に揺らぐ水面。
シャッター音が心地いい。


もう少しゆっくり散策しても良かったかな。
お昼を食べておしゃべりも楽しくあっという間でした。
そして念願のばなな(←あえてひらがな)シフォンを頂いて
小躍りしてしまった。
ふわっふわで、すっと溶けてしまいそう。でも
ちゃんとおいしさが残る幸せシフォンでした。
ありがとうございます!


紅葉の時期も撮りごたえがあるので、またお越しくださいね。
[PR]
by peanut-street | 2016-08-12 23:17 | 写真 | Trackback | Comments(2)

お知らせ

いつもの日記は下段からお願いします。

♫ 5月8日にコメントくださった
(苗字)Hさん、ラインを送ってあるので
ご確認お願いします。


6月3日コメントの(苗字)Nさん
ラインID下さい。

♪7月17日 ブログ内のWEB拍手にコメントくださったUさん。
このブログ内のコメント(非公開欄にチェックを入れて)
ご連絡先を記入していただけますか?

[PR]
by peanut-street | 2016-08-10 20:53 | 小耳症のこと | Trackback | Comments(14)

交流会の後は

b0090883_17592197.jpeg

毎日暑いですね〜。
山奥の我が家ですが、さすがに二階は高温でエアコンを入れました。
(一階はエアコン無し)
でも夜には冷えた風がそよそよ。
清水の水道はヒンヤリ冷たく、夏の喉に気持ちいい。
山奥の生活は不便な点も多いけど、過ごしやすい夏場の環境には助かっています。


さて小耳症ラインこみこみの交流会の後、市内に一泊しました。
お母ちゃんの夏休みだよ。

主人・息子とブラブラ歩いて、夜は牛タン定食
息子は牛タンカレー。
たいがいお肉はサラダとセットと思うけど、牛タン定食は漬物と一緒に盛られています。
東北人にはこれだな。

牛タンカレーもお肉がほろほろと柔らかく、テールスープも美味しかった〜。

七夕祭りの前の週で、鮮やかで工夫をこらした飾りが揺れています。



翌日は息子が佐世保バーガーを食べたいと言うので開店前から張り込み(笑
えー、1200円!の牛タンサンドを朝っぱらから頬張ったのであります。
(佐世保バーガーならバーガーを食べろって思った)


後は息子が修学旅行の時食べた持ち帰り困難だった、喜久福と言う大福をどうしてもお母さんにと言うので。
さっぱりした甘さと唇で噛みきれそうな柔らかさはやみつきになります。
冷凍品を山奥宛宅配便に。

帰りに寄った仙台城址。
今はずんだシェイクが話題らしく
でも売り切れ〜

息子の母校となる東北大を(大嘘)横目に
生後3ヶ月で聴力検査をした日赤病院も通り、
家族で泣きそうな1日だったと記憶がよみがえりました。


赤ちゃんだった息子は今や
「わ、ポケモン沢山いる!」の仙台。
交流会の仕事もお疲れ様。



[PR]
by peanut-street | 2016-08-10 00:13 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

小耳症交流会に参加しました

7月31日 小耳症ラインこみこみ、宮城支部の交流会に行ってきました。
私が管理人をしているラインで、宮城県の他に関東や関西などにも
支部が出来て交流しています。

その中でも宮城は今回が8回目の最多交流で
どの地区もそうですが、取りまとめ役や
一緒に会を動かしている皆さんに感謝感謝。


皆さんの様子!

b0090883_16543095.jpeg


お顔が見えなくて、もはや載せる意味があんのか?(笑  ですが
こんなに沢山集まりました。

うさぎ顔が親御さんと大学生二人。
ひよこがお子さん達
そしてくま顔が私と息子です。

ラインには社会人・学生枠もあって宮城県の大学に通う方と
以前私が交流会を開いた時に出会った(当時小学生)
大学生とお母さんがが来てくださいました。
(息子さん、東京からありがとう)

その他青森から両耳ちゃんも参加で、とっても賑やかで
持ち寄りのごちそうも一杯の楽しい会となりました。


話しは変わりますが、園遊会ってありますよね。
天皇皇后両陛下は招待したお一人お一人のお顔と
その方がどういう方か事前に覚えられると思いますが
・・・・・・私は無理でした^^

行き当たりばったりながら、入院した時の写真や様子
気持ちの面などざっくり話しました。
皆さん吸収しようと一生懸命聞いてくださり質問もありました。

息子は行く前に「これは俺の仕事だ」と言っていて
お母さんたちに耳を触ってもらい
おパンツを下して足の付け根の傷もサービスです。


時間があっという間でもっと掘り下げた話をしてもよかったかなと
反省はありましたが、後は先輩母もいてくれるので
安心してお任せしようと思います。


親の心配をよそに無邪気に遊ぶお子さんが、すっと息子に寄ってきて
小さな手が息子の名札を指さしました。
渡すとフムフムと読んだように見え、目で二人語り合っていました。

みんなありがと~
おにいちゃんみたいに ゲームばっかりしないで
おおきく なってね
[PR]
by peanut-street | 2016-08-02 21:39 | 小耳症のこと | Trackback | Comments(4)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧