カテゴリ:ごあいさつ( 16 )

今年もありがとうございます

申年も後1日となりました。

今年もブログを通して沢山の方々と繋がり
お話し出来て私の心の風通しとなりました。
ありがとうございます。

又、小耳症でお越しの方には「こみこみライン」にご参加頂き現在
既存のラインが254名
両耳ライン60名
社会人・学生ライン10名となりました。

皆さんのご協力で良い雰囲気で会話出来ています。息子の時と比べ、保活や形成手術の医師環境等が変わってきていますが、先行くメンバーと手を繋ぎ伴走もお願いしたいと思っています。



皆様穏やかな新年をお迎え下さいemoticon-0111-blush.gif




年末年始仕事の為、新年のブログ開始は10日過ぎの予定ですが、コメントチェックはしています。小耳ライン参加の方もご連絡下さい。





[PR]
by peanut-street | 2016-12-30 17:31 | ごあいさつ | Trackback | Comments(11)

今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます


今年もブログを通して沢山の
出会いがありますように。


ご常連の皆様も
よろしくお願い致します。








*赤ちゃん小耳症ラインおまちしています*


web拍手 by FC2

[PR]
by peanut-street | 2016-01-05 20:07 | ごあいさつ | Trackback | Comments(6)

今年もお世話になりました!

さて、寝ないで働きますよー(((o(*゚▽゚*)o)))

皆様良い新年をお迎えください。


…お腹空いた…。



[PR]
by peanut-street | 2015-12-31 19:28 | ごあいさつ | Trackback | Comments(4)

明けましておめでとうございます

b0090883_21595620.jpg




今年もよろしくお願いいたします。

働いておりますよ
よょょ(´д`|||)
[PR]
by peanut-street | 2014-01-01 00:08 | ごあいさつ | Trackback

ありがとうの一年

今年も沢山の方にご訪問いただき

新しい出会いもあり、この場所は平凡な私の生活の

       一輪の花

心からありがとうの気持ちでいっぱいです。

みなさま穏やかな新年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。


新年の開店はいつかなー

へとへとが落ちついたら・・・






b0090883_17372631.gif







web拍手 by FC2
[PR]
by peanut-street | 2013-12-28 06:27 | ごあいさつ | Trackback | Comments(8)

1月








毎朝ヨーグルト~

ちょっとハードな年末年始、進行中。
これから息子の課題に付き合います。
お母さんもお年玉もらった♪


web拍手 by FC2



web拍手 by FC2
[PR]
by peanut-street | 2012-01-04 16:09 | ごあいさつ | Trackback | Comments(10)

ありがとう





もう落ち着いてパソコンに向かえそうもないので
今年の〆の日記です。

何を書こうか・・・

震災以来不安・怒り・少しの安堵、そして落胆
いろんな毎日を送ってきました。
それは日々変化し、一見して平和な日もあった。

9か月経ったものの、どうも自分の中で空白の9か月のような
この先いつになったら、このそわそわが落ち着くのか。


「ありがとう」を何度言っても言い切れないほど助けていただきました。

そして1年間お付き合いしてくださった方々
立ち寄ってくださった方も
ありがとうございます。


来年はカメラを持って外に出る体力と元気が復活するかなー


みなさま穏やかな年末年始をお迎えください



                                                 ばなな



web拍手 by FC2
[PR]
by peanut-street | 2011-12-29 17:06 | ごあいさつ | Trackback | Comments(12)

コメントのお返事

とつとつと頂いたコメントへのお返事をしていますが
鍵コメントで頂いた方にはお持ちのブログや
メールでお返事しますので、しばらくお待ちください。
[PR]
by peanut-street | 2011-03-22 13:41 | ごあいさつ | Trackback | Comments(6)

地震 追記あり

3月21日追記

今日は地震が起きた11日から初めて余震を感じなかった1日。
このままずっとそうであってほしい。
朝起きたら唇の脇が赤くかぶれて痛い。
ストレスか。

地震のあった夜、息子の名前と血液型・電話番号を書いた
小さなライトと笛を首からぶら下げ洋服を着せて眠らせ続けた。
原発が白い煙を上げた時、荷物をまとめた。

こんなことしかしてあげられない。
自分はあの悲惨な状況で子供を守れるだろうか。
今家にこもっていることで、原発から守られているのだろうか。

必死に阻止しようとしている関係者には申し訳ないけど、原子炉をもぎ取って
海にぶん投げて終息したい、そんな気持ちです。
皮肉にも今回のことで福島県がどこにあるか、都心の電気を作っているのだということが分かったでしょう。

今まで自分の聞こえない耳を嘆いたことの無い息子が「どうして福島に産まれたんだろう」って。
私たち夫婦の間に産まれなければよかったとイコールのことを言われたようで
悲しかった。

せっかく地震と津波から助かったのに原発の風評被害で物資が届かない。
入院患者が避難地区からの移動中バスの中で亡くなる。
隣の座席で人が冷たくなる時、人は何を・・。


そしていかにも福島県民が危険物質のような偏見。
自分のことだったらひどく怒るんでしょうね。

もう大丈夫と思えるのはいつになるんだろう。
この雨はみんなの涙なのか。




3月19日追記

今日仙台での交流会に来てくれた宮城県石巻のご家族が電話をくださいました。
毎日毎日毎日電話をかけるもつながらず、ため息の長い一週間。
こんな大変な時なのにご主人が電波が入るところまで車で移動してかけてくれたのです。

残念ながら家は津波で一階が壊れてしまったようですが、残った二階で家族全員
無事にいらっしゃると聞き、緊張が解けて涙が出て言葉につまりました。
寒いでしょう暗いでしょう・・  何もしてあげられない。

「命があるから大丈夫です」
「交流会に会ったみなさんも 大丈夫でしょうか」とご主人。
死と隣り合わせだった人が他の人を思いやる心の隙間があるなんて。

かたやどこぞの人は買いだめに走り、人様の車の燃料を盗む。壊れている「人」

みんなそれぞれの命の無事を伝え電話を切りました。
またかけてくれるよね。もう離れないでね。

各地の小耳症さんからもメールをいただきうれしく思います。
今は何も不便はありません。
何かできる事とお考えなら、今後東北が復興するために・するころには
今の子供たちに頑張ってもらわなければなりません。
だから原発がこれ以上悪化しないよう,
ライフラインが早く復旧するように祈ってください。
(原発が怖くて物資が引き返しています)

今日も大きな余震があり、夜外に出ました。
みんなも寒いべな・・




3月18日追記

あの恐ろしい日から一週間。
まだ余震もあります。
やっとここ数日になり、被害がひどかった地域の小耳症さんと連絡が取れるようになった。


「ばななさんありがとう。すべてを失いましたが    生きてます」

よかった 本当によかった。
仙台での交流会の時、交差点の向こうでずっと手を振ってくれていた息子さんの顔が浮かんだ。
受話器を握り締めて泣きました。


「原発は怖いけど 私たちはここに残ります。年老いた犬がいるんです」
自分の言葉の選択がうまく出来ずとても情けない。


せっかく地震と津波から助かったのに寒い避難所で亡くなってしまった方が沢山います。
皆さんに伝えたいことは沢山あるし、県民として今を知りたい。
でもほんの少しずつ「今までどおり」に戻りたがっているテレビ。
手から少しずつ砂がこぼれ落ちていくように、さらさらと
みんなの目から、耳から被災地が遠ざかっていきそうな憤りを感じています。



生活は燃料が手に入らないだけで、寒いですが不便はありません。
食料は仕事の帰りに主人が少しずつ買ってきてくれているのと
日ごろも質素な生活をしていますから、ここにきても食卓に大きな変化はなく
原発の状況はいまだ予断を許しません。
というか状況が悪く、すべては報道できないんでしょう。




3月16日追記

今夜は強い風と雪になっていて、暖房をつけない部屋の中は息が白いです。
被災者の皆さんはどんなに辛いことか、ご飯を食べていて切なくなりました。

引き続きコメント、メール、mixiメッセージありがとうございます。
すべて拝見しました。

お久しぶりの方もいらっしゃいますが、今はお返事お許しください。
頼れる方がいると思うととても気が楽になりました。



地震当日メールしてしまって・・という方がいらっしゃいますが気になさらないでください。
とてもうれしかったのですから。
ただその日どこでどうやって返信したかはっきりせず、やり取りができていない方がいたら
おわびします。

今の状況を書くことで、少しでも安心していただければと思い書きます。
時折大きな余震があり、その度心臓がドクドクしています。
何より原発が心配で非難の荷物をまとめ、洋服を着て眠っています。
外は通常の数百倍の放射線量で、怒りと恐怖が爆発しそうです。
でも覚悟して今の状態を押さえ込んでいる作業員がいることを忘れてはなりません。


「いつでも非難してきてください」というメールを頂き、予想しなかった言葉に立ち尽くし
ありがたい思いをうまく返信できなかったかもしれません。
正直最悪のシナリオを考えればどこかに行きたい思いはあります。
でも今は(何をのんきな!としかられるかもしれませんが)ここにいようと思います。
本当にそちらに行くときは笑顔で行きたいんです。

地震当日、吹雪の校庭の小さなテント下で体操着1枚で毛布にくるまり泣く子供たちは
この先どんな状態であれ見たくありません。
息子も疲れているようです。


今朝非難のために相馬市の方が道を聞きに来ました。
熱いお茶を勧めましたが深く頭を下げ足早にたっていき・・。
仕事のため非難できない息子に申し訳ないと言っていました。
みんなみんな辛い。

書きたいことは沢山ありますが最後に、必要のない買いだめはやめてください。
チェーンメールは自分のところで止めてください。
本当に回線が必要な人が使えません。





3月13日追記

みなさん温かいコメントありがとうございます(涙
今も余震があり、携帯の警報音がなります。
テレビを見れば見るほど知人の安否確認が怖くなり
携帯も全く機能しないので、祈るしか方法がありません。

沢山の携帯メール、mixiメッセージを頂き何よりの励みとなっていますが
お返事ができず申し訳ありません。
「物資を送ります」とまで言って頂き、そのお心だけで十分です。
残念ながら郵便も宅配もストップ、スーパーもスタンドも閉まっています。
地震当日ご飯は川の清水でガス釜で炊きました。
食べられるだけ幸せ。

沢山買い置きに走る人がいれば、水も飲めない人が居ると思うと
この非常事態の不公平さに苛立ちを感じます。

何より原発が心配で避難者がどんどん県の中心に来ているようです。
当初3人の被爆といっていましたが、それは原発近くの病院患者
職員の中から抽出した3人を調べてみたら3人とも被爆していたということであって
(ヘリで非難の途中で原発が爆破した)
ならばその地区に住む人も早い段階で被爆していたのではないかということを
なぜ昨日の時点で発表しなかったのか。
風向きによっては決して他人事ではありません。

くるみさんも非常事態の中ありがとうございます。
ご家族も大丈夫ですか?

頭がよく回転せず、何をしても落ち着きません。
皆さんからのコメントはもう少し落ち着いてから・・すみません。






3月12日

家の外から左右に揺れる家や車、花粉が舞い上がる山を見て
何も考えられず、人生初めて死ぬかもしれないと思った
恐ろしい時間を過ごしました。

家族全員、家も無事です。

昨日の時点で電気も通りました。
電気はありがたいのですが、原発を抱え
隣の県にもあるので最悪の場合の案がありません。

震源地に小耳症さんのご家族が数家族いらして
全く連絡が取れません。
泣きそうな自分を抑えています。

誰かがたてた振動や、風の音、ヘリコプターの音でも
びくびくしています。

ガソリンスタンド、スーパーの中も空っぽらしく
今にも暴動が起きるのでは。

皆さんのお住まいのところは大丈夫ですか?

とりあえず無事なことを書いておきます。
[PR]
by peanut-street | 2011-03-21 21:42 | ごあいさつ | Trackback | Comments(23)

日記始め




b0090883_2175834.gif


明けましておめでとうございます
[PR]
by peanut-street | 2011-01-04 20:07 | ごあいさつ | Trackback | Comments(20)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧