カテゴリ:コンサート*舞台( 39 )

Continues tour

今回のライブは電子チケットを選びました。
公演1週間前携帯に入れたアプリに座席が届きます。
(これがひじょ〜に待ち遠しい)

もし行けない事情ができたらリセールと言ってその画面から譲れるシステム。
オークションなどでの転売を防ぐのと、抽選に外れても再度行きたい人に行き渡らせる事ができます。


その他、会場設営してみたらお客さんが入れるスペースが確保できたとして注釈付き席(見にくいけど)が当日発売され、舞台両端ギリギリまで席を用意しファンの事を考えてくれています。


でも会場に行ってみるとこの席は源君に近い神席でした。
私はスタンド真ん中位の高見席で、背が小さいので前に人が立つアリーナが当たるよりは良かったかな。


スモーク立つ会場に7000人のドキドキが充満していました。


物販場所のパネル展示
b0090883_11380969.jpg




[PR]
by peanut-street | 2017-06-21 11:18 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(0)

Continues tour

抽選に当たりました!
星野源ツアー

宮城県セキスイスーパーアリーナ。
1人で初参戦、初グッズ列ですよ。

b0090883_09093881.jpg
b0090883_09100276.jpg

抽選に当たってからずっとワクワクで、でも楽しい事に邪魔が入る体質の私に、やはりそれはやってきた。
その話は後で書きますね。

会場に向かうシャトルバスや、入場を待つ間1人で寂しいかなと(基本あまり気にしないけど)芝生に座って近くの方と話したり爽やかな風吹く午後。
遠く北海道や青森、横浜に夜行で帰る方もいました。


場外ではスポンサーがオリジナルカップで缶ビールを売っていて、美味しそうだな〜。
しかしだね、お手洗いの列に並んだら40分。
危険だな。

スムーズにグッズを見て、今回抽選に外れてしまった友達にもお土産。


そろそろ入場しましょう。







[PR]
by peanut-street | 2017-06-21 10:55 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(2)

ケロポンズ

先日はボランティアをしている文化ホールの催し日でした。


【ケロポンズ】
増田裕子と平田明子からなるミュージック・ユニット。あそびうたの作詞・作曲・振付を手掛け、あそびうたや体操、歌とストーリーが一体となったミュージックパネル等で構成された親子コンサートや、保育士・幼稚園の先生の研修を目的とした保育セミナーを全国各地で行う。

結成以来年間90 〜100公演、年間平均動員数は30000人を超える。

b0090883_21253303.jpg

午前中は幼稚園児を招待し、午後は通常公演としました。
お二人のパワフルで楽しい歌やダンスに、子供達の熱気がホールに充満。

ケロポンズがコマーシャルをしているシリアルの日清シスコの社員さんとイメージキャラクターも来て、嬉しいお土産付きです。
私ももらっちゃった。


小さい子からご年配まで喜んでもらえる公演を企画するのは苦労がありますが、笑顔を見るとホッとします。
(満席じゃなくてもいいじゃないか」




[PR]
by peanut-street | 2017-06-10 22:03 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(2)

ボランティア

地元の文化ホールでボランティアをしていますが、先日は落語チケット発売の電話受け付けをしてきました。

催し物の内容によって電話してくる年齢が変わり、今回のような落語や演歌の時はご年配の方が多いので少しゆっくり話します。


おばあちゃんがかけてくると、良く聞こえないからとおじいちゃんに代わり、座席を決めるのに又おばあちゃんに…
でも最後の確認はお嫁さんと、子機がどんどん家の奥に移動(笑


受け付けは非常にシンプルと言うか間違えると一大事になる方法で、4台の電話で受け付け
紙に打ち出した600席を塗り潰していきます。
コンビニのチケットシステムを使えば事務もスピーディーで集客も望めますが、手数料がかかり、利用し慣れない方にとっては不便で出向く必要もあります。


2回公演になると1200席。
担当者の赤鉛筆が入り混じる。
人気のある催しは電話がパンクし、その後チケットが完売すれば買えない苦情を受け、酷い事も言われますが穏やかな口調の中にも不正をしていない事をハッキリ伝えます。



今年は今までなかったジャズ等を含め公演数が多いので楽しみな反面、個食の夕飯を準備するのが悩みでもあります。


b0090883_13024713.jpg











[PR]
by peanut-street | 2017-05-21 13:05 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(2)

ドラムTAO 舞響-踊る◯太鼓

4年連続となっったドラムTAO公演。
おかえり〜と声をかけてもいい間柄になりつつあります。
(私は無口で内気だからできないけど・・本当です)

今回も大成功に向けて、ボランティアの皆でお手伝いしましたよ〜。

朝行ったら大きなトラックが2台。

b0090883_19280942.jpg

ここからブワ〜っと沢山の太鼓や道具、衣装などが出て来ます。
b0090883_19283099.jpg

こちらはグッズ販売、パンフレットの箱。
パンフレットには指定されたチラシを差し込んでいきます。

b0090883_19285144.jpg

主に私の仕事は楽屋でこの様に飲み物などを準備補充、その他ご用聞きと影アナウンスです。

b0090883_19291649.jpg

スタッフで組み立てたタペストリーを勝手に配置してみた。

多くのアーティストは準備された所に入りますが、TAOはトラックも自分達で運転・舞台作りもし、公演後は皆さん集まってお礼してくださいます。
世界的で有名であってもそのスタンスは崩さないで欲しいです。
公演の内容は今後楽しみにしている公演先の方もいるので書きませんが、毎回パワーアップする筋肉(^^)・演出や衣装も目が離せません。

心臓揺れる音と感動を皆さんも体感してみてください。




[PR]
by peanut-street | 2016-11-01 17:02 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(7)

お笑いライブ

文化ホールでボランティアをしていますが
今回はお笑いライブで陰アナウンスです。
前回の歌舞伎でアナウンスを失敗したので、気を引き締めて席を離れる事無く、トイレもやや我慢気味に(笑

出演者は
あばれる君・厚切りジェイソン・Wエンジン
やしろ優・サンシャイン池崎さんです。

あばれる君はご実家が福島ですから
ご両親や親戚、そして奥様と生まれたばかりの赤ちゃん
チビれる君も来てましたよ。
賑やかな楽屋でも抱っこですやすや。


この日はもう一つ午後に催し物があったので、ライブは10時半から。
トップバッターの絶叫が売りのサンシャイン池崎さんは
「今日日本で一番早く絶叫するお笑い芸人なんじゃないか」と
メンバーに言われていました。

いつもテレビで見ている人が目の前にいるうれしさと楽しさ
そして一緒に仕事をしている自分。
不思議ですねー。

公演は何でもそうですが、舞台袖で出番を待つ間は割と孤独で(静かに待ってるだけかもしれないけど)
そこから一気にエネルギーを上げる心の作業はなかなか大変なんじゃないかな。
出演者には楽屋前の壁にサインをしてもらっていますが、そろそろ空きが無くなってきて、ぐっさんこと山口智充さんはコインロッカーに、今回の皆さんは美川憲一さんや米米クラブの石井竜也さんの周辺に書いて行った方も。

以前から美川さんと石井さんのサイン周辺は気を使って?ビミョーに空けてあった感じだった(笑
けど、埋まりました。


楽しい時間をありがとうございます!
また機会がありますように。
やしろ優さん、可愛かったー


追記:チャンカワイさんは、あばれる君が差し入れしたクリームボックスパン食べたのかな〜







[PR]
by peanut-street | 2016-09-25 00:04 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(0)

狂言作者さん

歌舞伎の記事の最後です。

今回も私は陰アナウンスの係りで
開演前に打ち合わせをしました。

歌舞伎の舞台を進行する人を狂言作者と言います。
これは関西では違う呼び名なのかな。

その仕事は多岐に渡り、舞台進行・大道具の位置確認小道具に文字を書いたり、舞台の凹凸
釘などが無いか細部に目を配ります。

また、開幕時間前数分ごとに(柝)ひょうしぎを打ってまわって俳優さんなどに時間を知らせる仕事もあります。



舞台の隅の隙間で、狂言作者さんから注意点があって
「アナウンスを入れる時間になってもいちいち
ばななさんを呼びに行けないので、自分で時間管理をして下さい」

「舞台のそでで大道具が出入りするので
身の危険があっても責任は取れません」

強い口調で言われてこの時点ですでに緊張。
どこにも行かず、ずっとここで身を潜めよう。



でもねーやっぱり公演時間が長いから幕間(休憩)にお手洗いに。
と、ここまで書いて感が良い人は分かりますね。
一旦出たら、大道具に阻まれて中に入れないーーー。。
あれ?あれ?と足踏みしている間に5分前のブザーが鳴って走ってマイクにたどり着いた瞬間、作者さんから「早く読んでっっっ!!!」と大きな声。

原稿を掴んでもどのページから読んでいいのか
やっちまった申し訳なさで口はパサパサ、心ここにあらず、脳みそが机の下に落ちたようで
何も考えられなかった。


何とか読み終えた後は放心状態で、暗い隅っこで小さくうな垂れ次の出番を待つ。



最後のアナウンスを終え、作者さんにきちんと謝罪しました。
すると「お世話になりました、大丈夫ですよ」と。
あ~最悪の陰アナだ(涙

着替えて厳しくない普通の?お兄さんになった作者さんが帰り際に「ばななさんお疲れさまでしたー」と挨拶してくださりバスに乗って次の公演先へと。


終わりよければ全て良しではなく、数日間かなり落ち込んだ私でした。
歌舞伎を観に行って、舞台の陰で響く柝の音が好きだったけど次に聞いたら冷や汗が出そうです。



*赤ちゃん小耳症ラインおまちしています*


web拍手 by FC2

[PR]
by peanut-street | 2016-07-15 20:35 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(6)

クラシックの時間

b0090883_20275087.jpeg


先日はクラシックのボランティアをしてきました。

ノエ・乾(いぬい)と素晴らしき仲間たち

ヴァイオリニストのノエさんはベルギーの生まれで
お母さんがギリシャ人、お父さんが日本人。
おばあちゃんは私もお世話になっていて
毎年お手製の梅干を頂いたりしています。

今回はスーパーアンサンブルと題して
他に6名の共演で名曲の数々
と言っても朗読や曲の紹介もあり、肩の凝らない
コンサートでした。

舞台の袖で休んでいるノエさんが
「〇〇は元気ですか?」と声を掛けてくれ
〇〇は私の住んでいる土地の名前で、以前ピアニストさんらと
遊びに来た時、自然だらけの景色が印象に残ったのだと思います。


また来てくださいねと言っても
年々演奏で世界を飛び回る期間が長くなり
ゆっくりできないんじゃないかな。

続き・・・↓
[PR]
by peanut-street | 2016-06-28 21:36 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(0)

歌姫

b0090883_20342229.jpeg


この写真に写るお名前を見てそれぞれの歌をうたえる方は
私と同年代またはちょっと先輩かなー^^
先日、お三方のトークライブのボランティアをしてきました。


すごいメンバーでしょう?
夜のヒットスタジオとかザ・ベストテンはもちろん
ドリフのコントが終わってバタバタステージ転換の余韻が残る中
歌っていた方々ですよ。

太田裕美さんはドリフの少年少女合唱団で
早口言葉かわいかったなぁ。



それぞれヒット曲を沢山歌ってくださいました。
今回は小編成のオーケストラだったので
当時の曲調と違ったアレンジで聴きごたえたっぷり。


意外だったのが太田裕美さんが小柄で
ほんとテレビって大きく映ってるんだ。
庄野真代さんと還暦だそうで、でもでも
ひざ丈の・・そうだなぁ
赤ずきんちゃんのようなふわふわの
シックな衣装が印象的でした。


お三方に楽屋前でお写真をお願いしたら
ハーイと並んでくださいましたが
真知子さんは片手に帰りのバスの中で食べる
お弁当の袋。
コンビニ帰りのおばちゃん
マダム(笑
気さくに肩を組んで下さりありがとうございました。


これからも私たち年代が口ずさめる歌を
歌い続けてくださいね。
[PR]
by peanut-street | 2016-03-25 20:33 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(0)

熱い演歌

ずっと家に居て淡々と家事をこなしていると
家族以外の人と会わず・話さずで
まぁそれも面倒くさくなくていいんですが。

先日は下界に下りてボランティアしてきました。
演歌、福田こうへいさんのコンサートです。

岩手県在住で、民謡日本一を獲得。
東北なまりに親近感で、チケット予約の段階から
熱い戦いでした。

当日は午後からの開演にも関わらず
おそらく朝ごはんを食べてすぐに
家を出たであろうご年配の方々でロビーは
一杯でした。


そのご年配が多く集まるコンサートでは、困ることが結構あって
駐車禁止の場所に車を止めるのは当たり前。
事務側で三角コーンで確保しているスペースも
コーンをどかして止める始末。

携帯の電源の切り方が分からない。

コンサートが終盤に差し掛かると、早く外に出たいと
ドアに集まるなどなどなど・・。
まだ歌ってるんだけどね~
演者はいい気分しませんよ。

後は農協の帽子を被ってくる!(笑
女性も帽子のまま座りますから、後ろの席の人に迷惑です。


2回公演が終わると結構疲れますが、今回は
企画事務所の方で学生バイトさんを用意して
くれたので1300部の配布チラシの組み方も助かりました。


舞台から客席に下りてきたこうへいさん。
女性客にもみくちゃにされながらも突き抜ける
しっかりした音程と声。
元吹奏楽部としてはチューナーで合わせてみたい
狂いなく、気持ちがすっきりする歌の時間でした。



*赤ちゃん小耳症ラインおまちしています*


web拍手 by FC2

[PR]
by peanut-street | 2016-02-12 14:01 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(0)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧