筑波山へ

楽しかった宇宙センターを後にして、翌日は筑波山に向いました。
筑波山:茨城県つくば市北部に位置する山で、日本百名山の1つ。
ケーブルカーとロープウェイの二つを持つ珍しい山です。

山の中腹まで車で行くと、駐車場が少ないので売店に有料でお願いすると止めさせてくれますが
その後別の場所へ車が運ばれていきました。どこへ?海外に売られるんじゃないだろうね~。
1台800円 1日何台だろうなー。と税務職員みたいな計算をした私。

まずは筑波山神社へ
大きなカネ?鈴?が落ちないことを願う^^ パンパン







b0090883_8192714.jpg


ぬおおぉ~なにがびっくりって このガマの油売りの口上をしているおじさん。
私の住む町の門前市にきていた! 息子が発見してまるで芸能人にでも会ったように親子で興奮してしまった。



「ガマの油」メモ:江戸中期になると、縁日や祭りで香具師たちが、伊吹山や筑波山などで作られたとするガマの油を巧みな口上と
演技で売るようになった。
その売り方は、行者風の凝った衣装を纏い、綱渡りなどの大道芸で客寄せをした後ガマガエルから油をとる方法やガマの霊力を語る。そして、刃先だけがよく切れる刀の切れ味を見せ、切れない部分を使って腕を切るふりをする。本当は赤い線が入っただけの切り傷を、さも切ったように客に見せ、がまの油を切り傷につけ、切り傷を消してみせる。

紅葉時期と連休が重なった混雑の中、関係ないバスツアーの旗の後ろを着いてケーブルカー乗り場へと
(後日に続きます)
[PR]
トラックバックURL : http://bananablog.exblog.jp/tb/9984562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takemama-alice at 2008-12-05 18:05
こんばんは~^^  ばななさん

あっ・・あの人 今もいらっしゃるんですか?
    知り合いではないけど・・(笑)
目の前で見たことないけど
子どもの頃 テレビの画面で見たことあるぞ
刀で切って 血が出てるのに
あれ、まぁ、、どうなってんの??
ふふ・・そういうことだったのね

バスツアーの旗の後ろ
ニヤニヤしながらついてく ばななさん一家 想像してます
後日が楽しみ~~ (^^*
Commented by m_nonohana at 2008-12-05 20:06
うん、うん。takemamaさんに同じく^^
なんだか楽しいぞ!観光気分じゃ!
Commented by peanut-street at 2008-12-05 21:25
*takemamaさんこんばんは
あの人知ってましたか?^^全国区なのかなぁ。
息子は門前市で水戸黄門の印籠のおもちゃをもらっていました。
また会えるとは・・世間は狭いのかもしれませんよ。

刀のからくりが分かると大人になった証拠(笑)
では旗について来てくださ~い
Commented by peanut-street at 2008-12-05 21:27
*ののはなさんこんばんは
そちらも荒れた天気でしょうか。

観光バスの旗と書きましたが、このときはニコニコ顔が付いた花の細長い縫いぐるみでした。時代は変りましたねー。
次回はケーブルカーに乗りますよ。
Commented by geiei at 2008-12-06 21:38
宇宙センターから、ガマの油って、落差というか差異の大きさにビックリです。どちらかと云えば、・・・?結構、悩みますね。
Commented by peanut-street at 2008-12-07 16:38
*geieiさん あはは落差がありますね。でも筑波山に登って宇宙にほんの少し近くなったということで・・・
実は初日に筑波山に向ったのですが、渋滞で断念しました。
by peanut-street | 2008-12-05 08:40 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧