舞台裏

先日町の文化センターコンサートの、ボランティアに行って来ました。

今回の仕事は“陰アナ”です。
つまり「コンサートが始まるから席に着いてね」「携帯で写真撮るなよ」等
アナウンスの仕事ですね。

ヒーリング・クラシックス「バラホフスキーとノヴォシビルスク室内合奏団」
オイオイ舌噛むぞー。
聞いて想像出来るロシアからのアンサンブルで、曲はノクターン、愛のあいさつ
アルルの女(メヌエット)と心休まる極上のひとときです。

それにしてもロシアの女性 美しい・・・・。

最近水族館などで裏側を見るバックヤードツアーなどが流行っていますが、私はまさしく裏方。
音響照明スタッフとずっとこのツアーに付き添うマネージャーさんと一緒に
舞台のそででお留守番。

この男性マネージャーさん、当然と言うかロシア語が堪能でして
カッコいいの一言です。こっちは日本語もままならないというのに・・。
演奏者が通る舞台入口のドアの開閉(絶妙なタイミング)
曲の間にソリストを控え室に呼びに行くなどなど、暗い舞台裏で分刻みで動き回ります。

この夜公演最終日で空港まで送り、ロシア行きの飛行機に乗せるまで
気が抜けないと言っていました。
いろんなお仕事がありますねー。

いつも自分で思うのですが、せめて英語が話せれば
ジェスチャー大会にならなくても済むのにな(笑
と言うのも「館内のパソコンは使えるの?」「販売機はどこ?」と(言っているんだと思う)
海外の出演者から質問も多く、そのたび身振り手振りで大変なのです。
私、町の印象を下げているような気がする(-_-;)世界に発信。

クラシックのように気品ある?我が家の猫
b0090883_8354790.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://bananablog.exblog.jp/tb/7234698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by geiei at 2007-08-03 23:12
いいなぁ。オイラも聞きたかったなぁ!そして綺麗なロシアのお姉さんも見たかった!!
Commented by doredoremirei at 2007-08-04 03:04
私もね・・・音楽やっているのに語学はダメ。
海外に行ってる友人はいっぱいいるし
自分がお世話になってる先生も外国人なのに・・・(日本語堪能)
私は話せないのよね~~~(;_;)

この猫ちゃん・・・本当に気品がある!
むんとは違うなぁ~(笑)
Commented by peanut-street at 2007-08-04 14:31
★geieiさん、これ東京で聞いたら3500円では聞けませんよ。
ロシアのおねいさんは、透き通るような肌と瞳でした。
Commented by peanut-street at 2007-08-04 14:54
★美礼さん楽譜が読める事はすばらしいと思いますよ。
特にピアノの楽譜はキライです(笑
語学は必要に迫られないと覚えないんですねー。

むんちゃんは、おちゃめで可愛い脱力癒し猫。スリスリ~

Commented by たけろう at 2007-08-05 23:38 x
ふむふむ、外国からのお客様ですね。でも、全員英語とは限らないですが、やっぱり英語って大事なのかもしれませんね。ばななさんの声ならアナウンスにも最高のお仕事してくださると容易に想像できまっす!!
Commented by peanut-street at 2007-08-06 22:44
★たけろうさん、こんばんは。
英語圏ではない方も多いのですが、片言なら英語でOKっていう場合も多いのです。
それはさて置き、身長も高く美しい集団の中であたしゃ子供みたいでしたよ。
アナウンスも普段訛りがあるからね~緊張しますワ。
声はかなりよそ行き・・。自分でもウエッ
by peanut-street | 2007-08-03 08:36 | コンサート*舞台 | Trackback | Comments(6)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧