疲れたけど

日光紀行第2弾(大げさですが)

帰り道は、ほぼ垂直に登る鬼怒川ロープウェイで、じゅんやと怖い怖いと大はしゃぎ。
頂上のサル園で餌をあげて一休み。他人と思えないわ~

眼下には『日光鬼怒川湯けむりミステリー』船越栄一郎がいそうな(笑)
情緒ある温泉地が一望。

その後は『龍王峡』へ
今から2200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が
鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれています。

普通のコースは写真に見える橋を目指して、長く険しい階段を下りるわけですが
じゅんやと私は父の「危ないよ」と優しい言葉も聞かず、川岸を目指してGO!
下りてみたら・・・道の無い崖でした(-_-;)

大丈夫かーと振り返るとじゅんやが沢水に足をぽちゃ。あらら
よろよろとたどり着いた先には、ご覧の絶景が広がり
ゆっくりと流れる川の色が乳青色で、吸い込まれそうだった。

じゅんやは濡れた片足を持ち上げて「きれい」とうれしそう。

延々と続く登り道の後のソフトクリームはまた格別。
どうしてみんな売店で薄着になってアイス?という疑問がこれで解けたところで
『もみじライン』を通って帰りました。
でも曲がりくねった道に、じゅんやと気分が悪くなって
ほとんど紅葉を堪能せず眠ってしまってごめんよ~
b0090883_11595487.jpg
b0090883_8401112.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://bananablog.exblog.jp/tb/5965825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by geiei at 2006-11-01 20:54
え!?この辺りは随分何度も行っているのですが、この渓谷を見るの初めてです!!もみじラインの途中にあるんですか?
Commented by peanut-street at 2006-11-02 10:15
★geieiさま鬼怒川温泉から、日塩有料道路(龍王ライン) 150円を払ってすぐです。
龍王ラインの次が、もみじラインです。私も今回初めて行って感動しました。
geieiさんならきっと素敵なお写真が撮れるはず!
by peanut-street | 2006-11-01 12:00 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧