小耳症医療費 2回目の手術

診療料金の請求が来ました。
手術を控えている方はバシッと金額を知りたいと思いますので書きますが
札幌医科大学での例です。


手術、処置、診療費を合わせた保険等負担額はそれなりに高額ですが
育成医療を利用して7月19日から31日までの実際に払った患者負担額は
食事料込みで約2万円でした。
(8月分は入っていません)

沢山手をかけてもらって、こんなに少なくていいのっ。
福島県の場合、この支払いを市町村に持ち込むと返納されると思います。
(退院したら市町村に問い合わせし、返還または一部返還があるか
是非問い合わせてみてください)

息子が小耳症と分かってから細やかに貯金をしましたが
その大半は母の滞在費や飛行機代のためだったと言う事ですね。

高額療養制度があるものの、この先育成医療が少しでも長く存続されるように願います。



母としては毎日回遊魚のように止まらずハードにお仕事をされている教授に
沢山お給料を差し上げたい!



確定申告時に、入院と通院に関する
付き添い人の交通費と宿泊代も医療費控除を受けられますので
領収書は取っておいて下さい。

医療費のこと
[PR]
トラックバックURL : http://bananablog.exblog.jp/tb/20855827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by norilin at 2013-08-15 23:12 x
退院の時に、今月分の請求が振込用紙で
来るよ。
多分、先月と同額。
北洋銀行以外は手数料がかかるから、注意してね。
育成医療が使えない地方が増えているらしいから、心配だね。
そんな時は限度額認定証が役にたつ。
月をまたがないのが一番だけど。
うちの場合、25日で29800でした。
パジャマも借りたので少し多いです。
マル福も無かったので、少ないのがなによりでした。
Commented by peanut-street at 2013-08-16 10:38
norilinさんへ
先生に月をまたがないように、入院をお願いするのは無謀だよね。
我が家は前回、限度額認定証を使いました。
育成医療ももう少しスムーズに認定してくれたらいいのに。
出発ギリギリでした。
先生にお手間かけるけど、存続を願います。
by peanut-street | 2013-08-15 10:26 | 小耳症手術 | Trackback | Comments(2)

時には涙、時にはほんわか、お気楽母さんの日記です


by ばなな
プロフィールを見る
画像一覧